ショートメッセージを利用した各種ソリューションを紹介します

ショートメッセージによる誘導

ホームページのURLを顧客に告知することは簡単ではありません。誘導先のURLをショートメッセージに書き込んで送信することで、 携帯電話、スマートホンでは確実に誘導することができます。

また、IVRなどの音声サービスの電話番号を書き込めば、音声サービスに誘導することもできます。

詳細を確認する

認証処理での利用

ショートメッセージによる認証は、米国では以前より盛んに使用されていました。日本では、auが2015年11月まで「安心ブロック」サービスとして 電話番号、URLを記載したショートメッセージをブロックしていたため、認証での使用は限定的でした。

現在は、全てのキャリアで認証用URLを記載したショートメッセージを送ることができるため、簡便な本人確認手段としての利用が進んでいます。

当社では、「ショートメッセージ送信APIサービス」として、Webサーバへショートメッセージ送信用APIを提供するサービスを行っています。

詳細を確認する

Copyright(c) 2016 CybelEyes Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com